結婚指輪・婚約指輪を買った時の思い出

私は身に付けるものへのこだわりが強く、結婚指輪・婚約指輪は主人と一緒に選びに行きました。プロポーズの際に婚約指輪を差し出されるというロマンチックな演出にも憧れはありましたが、一生ものの指輪なら自分に似合うものをしたいという気持ちが強かったです。

複数のブライダル指輪のブランドが一店舗で見れるところへ行き、さまざまなタイプの指輪を試し数を絞っていきました。

婚約指輪については、「こんな成金みたいな大きな一粒ダイヤの指輪、似合う人いるのかな!?」と半ばひやかし程度につけてみた指輪が私の婚約指輪となりました。絶対に似合わないことを確信してつけてみた指輪が意外と一番似合ったという驚きの展開でした。

結婚指輪は同じブランドから出ているのペアリングにするのが普通、という固定概念がありました。しかし、つけてみると主人に似合う指輪のもう片方は私に似合わない、私に似合う指輪のもう片方は主人に似合わないということに気がつきました。一生身に付けるならお互いに似合うものがいいという考え方に変わり、同じブランドのペアリングではない指輪に決めました。

指輪ならこうでしょ!という概念よりもお互いに納得のいくものを大切にするというかたちもあることに気付かされました。

婚約指輪を買って婚約したとき

私は、5年付き合っている彼女がいます。
同棲もしており、お互い結婚の意思があり今後のことも話し合っていました。
やはりプロポーズは人生の中でも大きなイベントなので、私自身もどのようにサプライズしようか考えました。
婚約指輪は彼女が憧れだったティファニーに一緒に見に行くことにしました。
正直指輪のセンスが自分にあると思えなかったので、彼女が気に入った指輪にしようと思ったからです。
やはり、一緒に見に行って正解でした。
婚約指輪といっても様々な形・デザインの物があり、その人の指に合うものは違うからです。
数種類試してみて、彼女の指にぴったりくるデザインの物にしました。
その場では「これいいね〜。」と言って買わずに帰り、後日改めて一人でその指輪を買いに行き内緒にしておきました。
そして、旅行で大好きなディズニーシーに行ったときに、ミッキーの前でサプライズプロポーズしました。
彼女もそれまで全く気付いておらず、かなりびっくりしたようで涙を流してOKしてくれました。
とてもいい思い出になりました。

結婚をして幸せになるためにすべきこと

パートナーから婚約指輪をもらうと今すぐにでも結婚式をしたい気持ちになりますが、結婚は新しい家庭を築くために最適な時期を選ぶことが重要で、お互いの意思疎通ができるようにデートやお見合いなどをして情報交換して計画を立てることが大事です。人生は一度しかなくやり直しができないため、離婚をせざるを得ない状況にならないようにすることが求められます。新しい家庭を築く時は多くの生活費がかかり、事前に計算をしてから最適な時期を決めないと困ることになるため注意が必要です。

人生は愛する人がいないと相談相手がいないため寂しくなるもので、結婚をして情報交換できるようにする方法が望ましいです。相手を選ぶ時は複数の候補者がいるとどちらかを選択しないといけないことも多く、失敗をしないように見極めてから決める必要があります。

結婚をして幸せになるためにすべきことはコミュニケーションをしやすいことを確かめ、相手を不快にさせないように配慮することです。婚約はなるべく早くすると相談しやすく、挙式をする前に親族同士がコミュニケーションをしやすくすると安心できます。

結婚指輪は大好きなCHANEL

私は指輪をプレゼントされるときはエンゲージリングをもらうプロポーズの時だと決めていました。私は結婚前からブランド物が大好きで、特にシャネルが大好きでした。過去に付き合っていた人も夫も、付き合っている時からプレゼントなどはほとんど全てシャネルの物を購入してもらっていました。そこを理解してもらえないと、お付き合いしていくのは難しく感じてしまい、お別れをした事もあるくらい大好きなブランドです。

今の夫もブランド物が好きな人で、よく2人で買い物に行っていたので、お店の担当の方と仲良くなるほどでした。今までの彼の中では一番趣味や興味のあるものが合うので、一緒にいて居心地のいい相手だなと感じていました。

あるとき夫が指輪をプレゼントしたいと言っていたのですが、お断りしました。私はなぜか男性から安易に指輪をプレゼントされるのが嫌で、指輪をプレゼントされるときはプロポーズの時だと決めていました。そう伝えるとわかってくれ、その数ヶ月後にシャネルの指輪を渡されて、プロポーズをされました。私の欲しかった指輪が、大好きな彼からプレゼントされてただただ幸せでした。

やっぱり婚約指輪を貰っておけばよかった

結婚式は身内が集まっただけの小さな式だったし、結納もないまま結婚したので、婚約指輪は貰っていません。結婚指輪はさすがにペアで揃えましたが、夫も私も日常的には指輪をしないので、指輪をするのは親族間でのイベントの時くらいです。日頃は無くすことのないよう鍵のついた引き出しにしまっています。結婚指輪をはめるのも年に数回、という程度なのに、最近になって、やっぱり婚約指輪を貰っておけばよかったと思う様になりました。

結婚指輪は、結婚したての時にはときめくような気持ちをもたらしましたが、結局は実質的なものだと思うのです。それに引き替え、婚約指輪は、結婚指輪よりもずっと華やいだイメージがあります。婚約指輪はデザインも多彩だし、誕生石の色に合わせてファッションを選ぶという楽しさもあります。私は5月生まれなので、誕生石はエメラルド。ダイヤモンドもいいけれど、やはりエメラルドの指輪がいいな~と、つい最近も美容院で雑誌のジュエリー特集を真剣に見てしまいました。

高級腕時計を持つと言うことは

高級時計を持つということはそれなりの人であるということを対外的にアピールすることができるようになるというメリットがあります。しかし、純粋にかっこいいからつけるというのも決して悪いわけではなくそもそも趣味であれば実理性というのはそこまで気にするべきものでもありませんから、好きな高級時計を購入するようにするとよいでしょう。よく財産的な価値があるからということを意識して販売をしているところもありますが実際問題としては中古になるわけですのでプレミアムがつくということはほぼないのです。しかし、そうではないこともありますから、しっかりとブランドを選ぶことによって、割と価値は守ることができることも多いでしょう。欲しい時計のデザインや求める機能性などは異なりますから、そこは注意しておいた方が良いのですが欲しいから買うということがある意味では高級時計かな大きなポイントになると思います。そもそも好きなものを買うということは悪いことではないのです。

高級腕時計を選ぶ方法の初歩はこれだ

男性のファッションでは靴と腕時計はセンスを問われると言われています。つまり男性のファッションでは靴と腕時計がどうしても目立ってしまうのです。スーツの袖先から見える腕時計はその腕時計を付けている男性のイメージを決めていまうと言っても過言ではないでしょう。
しかし高級腕時計に詳しい人や自分のファッションに対して確たる戦略を持っている人以外ではどの高級腕時計がいいのか迷うかもしれません。下手をすれば数百円で購入できる腕時計ですが、高級なブランドの腕時計となれば数十万円から数百万円の価格が付いている商品もあります。複数本の高級腕時計を保有することは普通の人にはできないのです。
ではそのような人はどの高級腕時計を選べばいいのでしょうか。難しく考えることはありません。誰でも知っているようなブランドの人気のモデルを購入すれば失敗はしないでしょう。たくさんの人の支持を受けているブランドであり、モデルであれば奇抜感はありませんし、何よりもリセールバリューが高いことで安心感があるはずです。

華やかな場所に合うデザインの高級時計

私がパーティーなど多くの人が集まる華やかな場所に行く時に欠かせないアイテムは高級時計です。せっかく高いスーツを着ていても腕時計が安っぽいと見栄えが悪くなってしまいます。そのため、服装だけでなく腕時計にもこだわってコーディネートすることは大切です。高級ブランドの腕時計を買うためには多くのコストが必要ですが、価格の低い腕時計をいくつも買うよりも1つでも気に入った高級時計を持っていた方がいいです。

 

私がじっくり比較して買った高級時計は知名度の高いロレックスです。高級時計はデザインが素晴らしいだけでなく品質も高いので買って損はないです。私が高級時計を選ぶ時には人気が高いだけでなく自分に合った時計を選ぶようにしています。私が初めて高級時計を買った時に感じたのが重厚感があることです。いかにも高級な雰囲気のする時計は存在感が非常にあります。私はなるべく長く持ち続けたい気持ちがあったので、デザインよりも丈夫さを重視して買いました。

高級腕時計で信用度が大幅にUPしました

人間を見た目で判断するのはいかがなものかと思いますが、それでもやはり身に付けているもの一つで大きな信用を得られることは間違いありませんよね。私の場合、その信用度UPのためのアイテムが高級腕時計なのですよ。ただし、これ見よがしに見せつけてしまっては意味がありません。それは単なる鼻につく自慢に過ぎなくなってしまいますので、あくまでも高級腕時計を身に付けている時はチラリと見せられるようにするのがポイントです。

目ざとい方は、こうした時にチラリと見える高級腕時計に「おっ」と思うことでしょうし、決して見せびらかさないその姿勢に対して信用度をUPさせてくれること間違いなしですよ。私はタグホイヤーの希少な腕時計を愛用していますが、そのようにして、ビジネスの場でイニシャチブを取ってきましたからね。また時計好きな方であれば、その高級腕時計をネタに盛り上がることこれまた間違いなしです。それだけで商談も上手く進むようになりますので、男性の方、特にビジネスマンの方などは是非参考にしてください。

高級時計を身につけるということ

高級時計というのは趣味の領域でもあるのですが、それなりのブランドのものをしっかりと身につけることがビジネスマンにとっては最低限の礼儀であったりすることもあります。高級時計と言ってもまさにピンからキリまであるようなものであり、どの程度のものを身につけるべきかというのはなかなか難しい問題になります。趣味で数十万円程度のものを身につけている人は意外と多いです。しかし、必要性にかられてつける人もいますし、その場合はどこまでのランクのものを身につけるべきかは判断が大変です。高級時計と言っても一般的にそう言われているレベルでそれなりに買いやすいものがあったりもします。例えばG-SHOCKやロレックスやオメガなどは知名度が高いですがそれなりに一般人に買えるような金額の時計として人気があります。もちろん、上の方を見たらきりがないのですがわかりやすい形での高級時計という意味ではロレックスやオメガというのは知名度から考えても非常にお勧めできます。手入れなどの問題から考えて機械式時計というのはそこまでおすすめできるわけではないですが、高級時計といえば機械式になりますからその点は理解しておきましょう。